メイプアップに入っているHMBってどんな成分?筋トレの定番サプリ

メイプアップに含まれるHMBとはどんな成分なのか?

メイプアップのHMBは筋肉作りを手伝ってくれる便利な栄養素で、従来よりボディビルダーやアスリートの間で愛用されてきました。

近年、筋肉をつけたかったり健康的な体になりたい人が増えてきて、理想的なボディラインを手にするため、このHMBを利用する人が多いです。

幅広い世代に人気があるHMBは必須アミノ酸の一種のロイシンにより体内において合成される物質です。

ロイシンはグレープフルーツといった食べ物に含まれていますが、効率よく補うためサプリメントを利用して摂取するのがスタンダードといえます。

HMBの正式名称

メイプアップに含まれているHMBは正式名をベータ・ヒドロキシ・ベータ・メチル酪酸で、3-ヒドロキシイソ吉草酸とも呼ばれています。

タンパク質を形成している20種類のアミノ酸の一つで、このうち11種類は人の体内で作ることができますが、残り9種類は生成できません。

この生成不可能な種類を必須アミノ酸と呼び、ロイシンはその内の一つです。

HMBは代謝産物で、筋肉や肝臓などで代謝されることにより生み出されるものです。

体内で合成することができない必須アミノ酸は、乳製品や豆類、魚介類などから得ることが可能です。

そして
筋肉や肝臓で代謝されることでHMBは作られ、約20gのロイシンからHMBが1g作られます。

しかし
食事からロイシンを摂り続けるにはあまり非効率といえます。

そこで
メイプアップではプロテインやタンパク質の多い食事をたくさんとらなくても、直接HMBを含んだ成分を取り入れることによって必須アミノ酸を効率よく吸収することが可能になっています。

HMBの効果は?筋トレやダイエットにおすすめ?

メイプアップに含まれるHMBを摂取するといろいろな効果を期待することができます。

①筋肉量を増加することが可能です

筋肉の作り出す、大きくする効果があり、トレーニングのサポートをすることができます。

②筋肉痛などの筋肉の修復を早期に回復

HMBはトレーニングした後に損傷した筋肉を早期回復するのに便利です。

③脂肪を減らす、筋肉量の減少を抑える

脂肪を減らし、ダイエット効果を期待することができたり、加齢による筋肉量の減少の抑制することができます。

筋肉の分解や減少を抑えることができるので、高齢者でも筋力を増やすことが可能です。

HMBの目安摂取量

一般的にHMBを毎日3g摂取することにより、筋肉量が増やすことができるといわれています。

ただし、筋肉量を増やす効果を得るには筋肉トレーニングなどの運動することが必要で、HMBはあくまでトレーニング後の必要栄養素をサポートする役割です。

前述の通り、食事からのHMB摂取は大変ですし、高カロリーになりがちです。

1日あたり3g摂取するならメイプアップがおすすめです。

メイプアップを用いることで
筋肉に負荷がかかるトレーニングを行い、効率的な筋肥大を助け、フロイド・メイウェザーのようなボクサー体型やボディビルダーのような体に仕上げることが可能です。

また、女性の場合はメイプアップを併用しながら緩やかなトレーニングを行うことで、引き締まった美しいシルエットに仕上げることができます。

筋肉量が増えることによって基礎代謝が上がり、消費カロリーが増えるのでリバウンドせず、痩せやすかったり太りにくい体になることが可能です。

さらに
カロリー制限などの食事療法を加えるとよりダイエット効果を期待することができます。

筋肉量を重視した方法を行うと健康的に痩せられたり、リバウンドするリスクが少ないです。

また
筋肉に対して繰り返し抵抗をかけるようなレジスタンス運動を行うと、加齢による筋肉量の減少で引き起こるサルコペニア症状という筋力低下や身体機能低下などを予防することができます。

HMBを飲むタイミングはいつがいい?プロテインより効くの?

HMBを飲むタイミングは運動する1時間前がおすすめで、運動時の筋力をサポートすることが可能です。

また
筋肉の増減をコントロールするのがHMBで、少しプロテインと効果が異なります。

プロテイン、HMB両方とも筋肉増強に取り組んでいる人に人気がある成分になりますが、筋肉へのアプローチがやや違うことをお伝えしておきますね。

HMBは筋肉を作りやすくする働き

HMBの場合プロテインが体で分解される必須アミノ酸であるロイシンが代謝された種類で、筋肉合成のスイッチとも呼ばれているmTORの発現などと関係していて、筋肉を作りやすくしてくれるので便利です。

もう少し具体的にお話ししますと
プロテインが代謝されると必須アミノ酸であるロイシンが作られ、ロイシンが代謝するとHMBになります。

HMBは筋肉合成のスイッチと言われているmTORや、筋肉分解を促進するユビキチン・プロテアソームシステムなどに働きかけ筋肉増減をコントロールします。

つまり
HMBは筋肉増減を管理する司令塔とも言えるでしょう。

プロテインは筋肉の材料源になる働き

プロテインは英語ではタンパク質を意味していて、筋肉の材料になるのがプロテインになります。

プロテインをとらず、タンパク質を食事で摂取するとカロリーオーバーになりやすいのでプロテインを取る方が多いです。

プロテインとHMBは併用がおすすめ

プロテインとHMBのどちらが良いなどはありません。

できればプロテインとHMBの併用がおすすめで、効率よく理想の身体作りに取り組むことができます。

HMBはまだまだ歴史が浅い

プロテインはアスリートなどを中心に以前から利用されていますが、HMBはまだまだ歴史が浅いといえます。

アメリカ・アイオワ州立大学が世界で初めて人を対象にして、HMBの臨床実験を行ったのが1996年でした。

その実験により、HMBは筋タンパク質分解を抑制したり、運動による筋肉量増加をサポートする可能性があることが判明します。

そこからアメリカにおいてサプリメントとしてリリースされることになり、すぐにボディビル愛好家から高く人気を得るようになります。

日本では2009年から市販されるようになり、発売当初、肉体改造に取り組んでいるボディビルダーから圧倒的な人気がありました。

また
高齢者の筋肉を減少することができたり、カロリー制限に利用することで脂肪量を減少することが可能です。

HMBはようやく最近になって若い女性や高齢者からも関心を集めるようになりました。

HMBには副作用はないの?飲みすぎも危ない?

HMBを摂取した後の副作用として、現時点において何らかの健康被害といった副作用はありません。

もと必須アミノ酸のロイシンから生み出されており、もともと体内にある成分になるので安全度は高いです。

危険性が疑われないですが、摂取する時使用上の注意を守りましょう。

多く飲めば飲むほど多くの効果を得ることができるわけではなく、推奨摂取量を必ず守らなければいけません。
HMBは飲みすぎないように目安量を守ることがおすすめです。

どんなサプリでも過剰摂取は危険です。
HMBの量は1日当たり3gが目安です。

メイプアップでは2g摂取できるので
その他は食事から摂るとしても効率よく体内に必須アミノ酸を取り入れることができます。

メイプアップのHMBまとめ

メイプアップはダイエットやトレーニングにおすすめのHMBサプリメントで、同時にクレアチンも一緒に摂取できるので便利です。
脂肪燃焼サポート成分も配合されているので、効率よく理想のボディラインに整えることができます。

HMBは筋肉づくりをサポートする成分として活用されていて
以前はボディビルダーなどの限られた人だけが利用していました。

しかし
筋肉をつけたかったり理想のボディラインになりたい人から支持されていて、年齢に関係なく利用されている人気のサプリメントです。
若々しい身体をキープすることができ、筋力低下を防ぎたい高齢者からも人気があります。

HMBは必須アミノ酸のロイシンから合成される物質で
体内における1日あたりの生成量は少ないので、サプリメントを活用して効率よく摂取することが可能です。

プロテインと似ていますが少し違っていて、それぞれ目的や作用効果が異なります。
併用することによって、短期間で理想のラインに仕上げることが可能です。

HMBはドーピングにはならず、HMBは禁止リストに掲載されていないので安心して利用することができます。

目安量を守っていると毎日摂取しても大丈夫です。
サプリメントなので気軽に利用することができ、世界中の人が活用しています。